bbfbdfaa48b851df9fc5fc7294066dc9_s

一般的に「営業」と聞くと足を使って企業やお客様のご自宅へ赴く「外回りの営業」を想像する人が大半でしょう。
外回り営業は、なにより営業マンがお客様のところに直接顔を出しますので、お客様とのつながりが保てるというメリットに加えて、客様その周りの環境や雰囲気なども営業マンが直接見て知れると言うメリットがあります。
が、その分労力や交通費、移動時間がかかり1日に回れる件数はごく限られてしまうと言う効率の悪さがあります。
また、あまりにも移動時間を要する遠隔地はそもそも営業の対象とならない事もあるでしょう。

そこで近年注目されているのがWeb面接によるオンライン営業です。
「インサイドセールス」や「オンライン営業」と聞くと、え?何それ?という人も多いかと思います。
既に情報システム活用先進国アメリカでは「外回り」のアウトサイドセールスから、
「内勤」のインサイドセールスに営業手法が移行してきています。

また、インサイドセールスの中でもお客様からの問い合わせにお応えして営業に繋げていく「インバウンドセールス」と
社内からお客様にコンタクトを取って営業に繋げていく「アウトバウンドセールス」に分かれます。
インサイドセールスにおいてWeb面接が持つ有効性はとても大きく今注目されています。
今回はインサイドセールスの中でも、主にお客様からの問い合わせにお応えする「インバウンドセールス」にスポットを当てて
その強みについて掘り下げていってみます。

ではインバウンドセールスの強みとは何か?
今回スポットをあてる強みの1つは「垣根の低さ」です。
営業マンからお客様の元へ訪れると「ちょっと興味があるから話を聞きたいだけなのに、ここで答えを出さないといけないのだろうか…」という気になりお客様もつい、身構えがちです。
しかしインバウンドセールスではCMやHPなどの広告媒体をお客様が見て

①「興味がある点について詳しい人に質問したい」時に

②お客様の方から問い合わせが出来る

これによりお客様の身構え方は、外回りの時とは格段に違ってきます。
また、そもそもお客様も興味を持って話を聞いているので購買意欲が高まりやすく、そのまま注文につながるケースも多いというメリットがあります。

つまり会社側からはじまる営業か。お客様からはじまる営業か。
お客様の垣根の低さによって潜在顧客を見い出し効率良く営業を行う。
そして成功に繋げる。
効率性が求められている日本の営業手法において、オンライン営業の中でもWeb面接による「インサイドセールス」は会社にとって大いに強みとなる営業と言えるでしょう。