オンライン接客のメリットとデメリット

コロナ禍で密にならない接客が求められる中、増えてきたオンライン接客のメリットとはなんでしょうか。

オンライン接客-メリットとデメリット◇メリット◇

・感染症予防対策になる
非対面での接客では他の人に会わないので、密閉密集密接の三密を避けること、飛沫・接触を避けることができ、感染症対策となります。

・外出できない人も接客を受けられる
オンラインで接客を受けますので、購入者は外出の必要はありません。外出できない事情があったり、感染症の心配で外出したくないという人も接客を受けることができます。

・購入者側の緊張感の軽減
実店舗ではほかのスタッフやお客さんの目が気になりスタッフの言うがままに購入してしまうという人も、自宅からですと「無理に売りつけられないか」というが緊張感もなく、安心して商品説明を聞けます。

・記録が残せる
パソコンを通しての接客となりますので、やりとりを録音録画することができます。そうしますと「言った」「聞いていない」というトラブルを避けられます。また販売側としては情報をデータとして蓄積することで、スタッフのスキルアップや購入者の分析をすることが可能です。

・働き手の自由度が増す
オンライン接客はリモートワークで行えますので、スタッフが店舗に常駐する必要がありません。働き手も外出不要、どこに住んでいてもどの店舗の接客でも可能となります。