オンライン接客-メリットとデメリット◆デメリット◆

・導入に費用と手間がかかる
オンライン接客ツールの導入には、ツールの選定購入導入・ツール使用のための訓練等費用と時間がかかります。また派生することで考えられることは、リモートスタッフで対応する場合のリモートワーカーの勤怠管理が発生します。

・電子機器を使うことに抵抗がある人には使いにくい
オンライン接客にはスタッフ側にはパソコンの使用が必須となりますので、電子機器の操作に苦手意識のある人には敷居が高い場合があります。また購入者の側にも最低スマホの使用が求められますので、「スマホはちょっと・・・」という方には使いにくいでしょう。

・インターネット回線の影響を受けやすい
インターネットを介して接客しますので、どうしてもインターネット回線の影響を受けます。時間帯によっては音声、映像でスムーズにコミュニケーションが取れなかったり、画像を共有して見ることができない場合があります。これがうまくいかないとショップの印象が悪くなります。