総務省統計局の調査によると、純貯蓄額(貯蓄現在高-負債現在高)70歳以上の世帯の純貯蓄額は2173万円と最も多くなっています。そのような高齢者との関係構築をどのように行うか、という問題があります。

銀行が扱う商品も多様化し、電話の説明だけでは限界があります。また現在、金融業界では「対面説明」が義務化されています。そこで役立つのがオンライン面談ツールです。

オンライン面談ツールを使用すれば、まず誰と話しているのかがはっきりとわかり安心感を与えます。また、電話では決してできなかった資料を見せながら説明する、ということも可能になります。さらにお互いの時間を節約できるというのも大きな利点です。