あなたの裏アカウント、調べられています

SNSのアカウント特定とそのアカウントの活動内容のレポート提出を2万円弱で行うサービスを提供している会社があります。そして採用側の企業の中にはそのサービスを利用して、就活生の裏アカウントあるいはサブアカウント、つまり自分用のSNSアカウントと公表しているのとは別のアカウントを費用をかけて調査しているところがあります。採用側企業はなぜ裏アカウントを調べるのでしょうか。

採用企業による就活生の裏アカ調査は以前から行われていましたが、コロナ禍となりさらに増えてきています。理由は、感染症拡大を防ぐため採用活動のほとんどをオンライン化することで、就活生の人となりを採用企業が直接目にすることができないから、と言われています。

裏アカウントを調査して、企業は何を知りたいのでしょうか。裏アカウントでの投稿にはその人の本来の姿がかなりはっきりと出る、それで就活生の真実の姿を知るために裏アカウント調査を行うと言われています。面接や試験の場では、いたって一般的な常識のある行動をとると見られる人でも、裏アカウントの内容を読むと、過激な行動や発言をしている場合があります。そのことからその就活生が、早期離職しないか将来職務上の問題を起こさないかどうかを前もって予測する、ということのようです。