Web面接(Web面談)を受けるまでに、相手に知らせる自分のメールアドレスやSNSのアカウント名を確認しましょう。

メールアドレスやSNSのアカウントには、自分の趣味にちなんだもの等自分の実名とはかけ離れたものを使うことがよくあります。Web面接の連絡はEメールやSNSのメッセージで受け取ることになりますので、実名とかけ離れたメールアドレスやアカウントを面接を実施する企業の担当者宛に知らせることになります。このときあまりふざけたもや個性の強いものだと企業の人事担当にあまりよい印象を与えませんし、混乱を招く可能性もあります。それで必ず実名や差し障りのないようなアカウント名を事前に作っておくことをおすすめします。