事前テストを録画して自分で観てみる

可能なら、当日使用するツールを使ったテスト面接を録画し、写り方等をチェックすることをおすすめします。

・相手に自分がどのように見えているかを確認します

・目線は自然ですか、相手に上からのぞき込むような印象を与えていませんか
ノートパソコンやタブレットは内臓カメラが顔よりも下の位置になることが多くそのため、相手には上からのぞき込んでいるように見えます。それがときには相手に悪い印象を与える場合があります。カメラ位置が自分の顔の位置よりも下になっている場合は、ノートパソコンやタブレットの下に台になるものを置いたりして位置を調整しましょう。

またタブレットやスマホのカメラ位置の調整は、途中で倒れたりカメラ位置がずれたりしないようにスタンドなどを使用します。

・話すときに目障りな動きをしていませんか

わたしは録画で自分の話している様子を観ることにより、思った以上に話しながらひんぱんに頭を動かしている(うなづきながら話したりしている)ことがわかりました。頭をひんぱんに動かすことは映像がブレる(顔の表情がはっきり見えない)原因になりますし、相手には落ち着きなく見えたりするんじゃないかと思っています。(ニュースを読むアナウンサーは頭がほとんど動きません。)

・光の当たり方のチェックも必要
光の当たり方によっては怖い顔に見えることもあります。

当日使用するツールを使ってテストを録画できない場合でも、無料で使用できる類似のツールを使用して録画して、上記の点を確認することをおすすめします。