Web面接(Web面談)はコロナによるパンデミック以前から新卒採用に利用されてはいましたが、特にコロナ禍において採用以外の分野で多く使用されるようになってきました。

Web面接(Web面談)が増えているのはなぜ?

2008年のリーマンショックに起因する世界同時大不況、2011年の東日本大震災による企業の倒産や経営難により、内定取り消し等が相次ぎました。それに対して経団連が打ち出した方策の一つとしてオンライン面接の推進があり、Web面接(Web面談)が広がってきたと考えられます。

さらに2020年3月、WHOが新型コロナによるパンデミックを宣言して以来、Web面接(Web面談)が感染症拡大予防策であるゼロ密を達成するため一気に広く利用されるようになってきましたが、具体的にはどのように行うのでしょうか。