どのように始めるの?

Web面接(Web面談)を開始するには大きく分けて
・「招待」をする
・面接番号を使用する
の二つがあります。ここでは「招待」する方法についてご紹介します。

Web面接に「招待」する方法

面接を実施する側が事前にWeb面接(Web面談)用のアプリケーションをインストールし、オンラインでユーザー登録をしておく必要があります。

1.面接を実施する側(企業)が事前に面接用URLを発行します。
2.面接を実施する側が発行したURLを、面接を受ける側(就活生や顧客)に事前にメールやSNSのメッセージ機能で伝え、Web面接(Web面談)に「招待」します。
3. 面接を受ける側がメールやメッセージ文面からURLをクリックするとWeb面接(Web面談)が始まります。
例 zoom,MicrosoftTeams,VviaMeetin等

メリット :前もって面接用URLを発行できる
デメリット:事前に面接する側が面接を受ける側のアドレス等を知っておく必要がある、パソコンの準備が必要、回線状態により、映像や音声の送受信ができない場合がある

次は面接番号を使用する方法をご紹介します。